スプーキーズの中の人。

スプーキーズの中の人が徒然なるままに、垂れ流します。

京都本社移転しました(とても近くに)

創業以来12年慣れ親しんだ京都本社が、とうとう移転となりました。

と言っても、駅も変わらず、ご近所に引っ越し致しました。

お陰様で少し増床も致しまして、カウンタースペースやリラックススペースを以前より少し広めにしております。

近くに来られた際は、是非ともお立ち寄り下さい!

f:id:spookies-nishizuka:20180730195030j:plain

新住所は、下記となります。

〒600-8413

住所: 京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町 680-1 第八長谷ビル 9F

【卒業旅行】世界のIT事情を調査

2回目の登場となります、本田です!

前回↓こちらの記事にて↓ blog.spookies.co.jp IT先進国 シンガポール について記事にしました。

そんな本田、今年が最後の学生生活となります。

院進学をし、18年におよぶ学生生活がついに終了となります…

ということで、学生生活最後の思い出に ヨーロッパ まで飛んでまいりました!

前回に続き、今回も旅行先で見たITを紹介します!

f:id:spookies_honda:20180719102934j:plain では、いってきます🛩

ドイツ

皆さん海外に行って、一番不便だと思うことは何でしょうか?

僕は 自販機がない ことでした。

もちろんのごとく、ドイツにも自販機はありませんでした。

f:id:spookies_honda:20180719104456j:plain

あるのは1リットルビールのみ。

なので、近くのスーパーに入ってジュースを購入。

…レシートを見て気づく。

「Pfand」(プファント と読むそうです)というお金が取られている。

最初はクレジットカードの手数料かと思いましたが、違うようです。

調べてみると、「前もって支払う飲み物容器の代金」であることが判明!

どこで、このお金を返してもらえるかと言うと… お店です!

ドイツのお店にはこんな機械が置いてあります。

f:id:spookies_honda:20180719102228j:plain

画像のようにペットボトルを入れると、

f:id:spookies_honda:20180719102244j:plain

レシートが出てきます。

これを次回の買い物のときに店員に渡すと、その分値引きしてもらえます!

この機械があれば、ポイ捨ても減りますね😀

スペイン

言わずと知れた サグラダ・ファミリア

f:id:spookies_honda:20180719102439j:plain

人類史上最大の炎上プロジェクトではないでしょうか?

このサグラダ・ファミリアの完成までに、300年はかかると予想されていましたが、ITの発展により、約144年までに短縮されました。 2026年完成予定です!

f:id:spookies_honda:20180719112534j:plain このように、サグラダ・ファミリア内に、3Dプリンタなどがあり、こちらで建築のシミュレーションをされているそうです。

空港

ドイツ、スペインときたのに国ではなく 空港 がきてしまい 「え?」 と思う方も多いと思いますが、怒らないでください。。。

ヨーロッパは、めちゃくちゃITが進んでいるわけでもなく、あまり話すことがないんです笑

しかし、空港の進化はすごかったです!

今では、手荷物を預けるのも無人かつ自動化されています!

f:id:spookies_honda:20180719102452j:plain

こちらの機械で、自分や荷物の情報を登録。

発行されたシールをカバンに貼って、

f:id:spookies_honda:20180719102503j:plain

シールについたバーコードをリーダーでピッとして

ベルトコンベア に乗せてあげるだけで終了!

英語苦手な人もこれは安心ですね!(機械の言語選択に日本語はなく、僕の目の前で日本人のおばさん方が怒っていましたが…)

旅行を終えて

ヨーロッパのITは日本を遥かに超えているというイメージでしたが、めちゃくちゃすごいわけではなかったです。

例えば、日本では、注文をタブレットで行うお店が多くなってきていますが、ヨーロッパには一切ありませんでした。

だから、不便かと言われるとそうではなく、オーダーの中で

「どこから来たのか?」

「香川!長友!本田!侍!」

などなど、たくさん話ができて楽しかったです!

ヨーロッパの方々も会話を大事にされている印象があり、国によって受け入れられるITは違うなぁという印象です。

次回は、ヨーロッパ旅行で行った国々に関して、IT以外の部分を書こうと思います!

では、また次回

南の島でバカンスをしたいという願望を叶えた話②

お久しぶりです。広報Iです。

今回は前回のバカンス行った記事の続きです。

blog.spookies.co.jp

↑前回

竹富島がどこにあるかというと

f:id:spookies_iz:20180706161107p:plain ↑ここ

本島から沖縄よりもさらに遠い…倍近く遠い…

飛行機2時間くらいで着くだろうと楽観してたらなんと3時間…ちょっとした海外旅行ですよ…

地図みるとこれもはや台湾なのでは??

そして、よく考えたら国内旅行の体で実質海外旅行なので非常にお得なコースなのでは?

とよくわからないことを考えてのんびり機内で寝てたらもう到着。

f:id:spookies_iz:20180706174448j:plain

あいにく曇りだったのですが空港に降り立つと空気自体が既に本島と違う。(写真:空港のオブジェ) というかどうも運悪く、旅行中ずっと曇りという…

沖縄の離島と言うよりもむし暑い日本と言うよりも赤道近くの熱帯地域。

まだ3月なのに観光客ばかり。

空港でお昼をとも思ったのですが、短い旅なのでせっかくの一食現地の食事を食べたいと思い 早速バスで港のある島の反対側へ。

ポツポツと本島では絶対に見かけないような石の建物?お墓?当然ビルなど1棟も立っていない。

街路樹も見覚えがない植物でああ知らない土地に来てしまったのだなぁとようやく認識。

ようやく島の港へ着くと。

f:id:spookies_iz:20180706175248j:plain

意外と普通の港でした。

定番のお土産のお店があったり(買いました) ご飯のお店があったり(食べました)

f:id:spookies_iz:20180706175947j:plain f:id:spookies_iz:20180709143705j:plain

それなりに(1時間に1本くらい)船も結構離島と行き来しており

「これ普通の観光地じゃないか! 本当にこれで神の島なのか!?意外と普通じゃないか?」

と疑い始める自分。 飛行機での疲れもあるのでさっさと高速艇に乗って島を離れる。

と、

f:id:spookies_iz:20180706180358j:plain

青い!!えっすご…すごく青い!なんだこの色着色料か!?(違う)

空は曇りなのにこの青さです。青というよりもエメラルドグリーン。

調べるとやはり水の透明さ・綺麗さと海底の白い砂でエメラルドグリーンに見えるそうな。

本当に、変な薬物は入ってない?(入ってない)

船に揺られること10分たらずで神の島と呼ばれる竹富島へ。

f:id:spookies_iz:20180709144106j:plain ※曇りでいい写真撮れなかったのでフリー素材の写真で感動をお楽しみください。

そしてそのまま宿へ向かう出迎えの車が次々と現れ、 下船してすぐあっという間に観光客はいなくなりあたり一面誰もいなくなる…

後で聞いたのですがこの竹富島なんと周囲9キロ、直径2.7キロという非常に小さな島です。

軽く自転車でコンビニに行く感覚で横断できる島です。。

宿の方に聞いた話だと島民300名で、電気水ガス全て石垣島からの供給で補っているとのこと。 そしてその供給は海の底に管が敷いてあって島までつなげているそうです。

そのため、タクシーもなければバスもない。島内移動は宿からの送り迎えの車とレンタル自転車のみ。

怒涛の迎えの車はそのためですね

せわしない観光客を横目に本当に日々の癒しを得ることが出来るんだろうか…と不安になりながら宿へ。

コテージ型でした

f:id:spookies_iz:20180709145406j:plain

凄い…窓を開けて床に転がってるだけで ちょうど春先で暑すぎず、海の波の音が聞こえる… とにかく静か… 体内の何か疲弊したものが消えていく…

f:id:spookies_iz:20180709144945j:plain

あと二日あるし無理に動いてもということで、宿で癒されながらゴロゴロしていると

夜9時には寝ろという宿からのお達しでまさか小学生以来の夜9時就寝…

(電気に限りがあるためほぼ日没とともに島のお店は終了します。 夕飯のお店だけ少し経営していたりします)

宿で夕飯を食べて、またのんびりして、夜9時に布団へ…

翌朝、宿の企画で朝6時に起きて海辺でラジオ体操という、これまた小学生のような元気な早寝早起きを。

ちゃんと翌朝5時半頃に目がさめると…

明け方の冷えた空気と波の音…、全く普段とは違う生活…ここは非日常なんだ…。

(普段の休日は12時起床なんです)

f:id:spookies_iz:20180709150153j:plain

f:id:spookies_iz:20180709160713j:plain

朝焼け、久しぶりに見ました。 夕焼けよりも少し黄色っぽいのは空気が冷えてたりするからですかね?

島に建物がないので朝日が登るのが綺麗に見える!

今日はたくさん島を巡ります!

というところで ちょっと長くなったので切りますね。

次回は自転車で海(コンドイビーチ)にも行ったり、牛車に乗ったり ご飯を紹介します!

お楽しみに!

新人アルバイトTONYです!

はじめまして! 5月の下旬にスプーキーズで働かせていただくことになりました!

TONYです!

IT系のお仕事をするのが初めてで、日々勉強の毎日です。

その前のお仕事は何をしていたかと言いますと、イベント系のお仕事をしていました!

詳しくは言えないですが、最近流行りの謎が出てくるイベントです。

そんな楽しそうなお仕事から

なぜIT系のお仕事をはじめたのかというと

それは

ITはすごいからです!

とてもおもしろいからです!



例えば 約10年前の自分は数年後に、スマートフォンが登場し、LINEという便利なアプリで通話もメッセージも簡単にできるようになる未来を想像できましたか?

たぶん、想像できなかったと思います。

世の中を便利にしたり、

おもしろいゲームを作ったり、

人と人とを繋げるコミュニティーを作ったり、

ITっていうのは

世界をおもしろくするためにあるのかなっとTONYは思ってます!

なので、イベント系も人を楽しませるのですが

もっともっと人を楽しませるには、ITの力を借りて

もっとたくさんの人の楽しんでる姿を見ることができればなと思ってます!

これからもTONYをよろしくお願いします!

最後に謎を一つ

f:id:spookies_nishiyama:20180606161137j:plain 答えは、次のブログですかね!よくある簡単なものです!

ゲームマーケット2018春 スプーキーズレポート!

五月になりました!

広報のIです。

この会社にも慣れてきました。

先日ゲームマーケットに行きまして今日はその様子をお届けしたいと思います。

f:id:spookies_iz:20180528150808j:plain

我々は二日目で、一日目より参加人数が少し少ないと言われていておりましたが、ブースの位置はど真ん中の場所で十分人が多い印象でした。

集合は8:30だったのですが、出展者側でも人が多いこと

昨年スプーキーズは参加していたそうですが ゲームマーケットというイベント自体が三月に入った私自身は初めてだったのでこれほど多いとは思わず。。

f:id:spookies_iz:20180528155858j:plain

売り場のすぐ横が試遊台スペースになっているのも新鮮、というか、

ボードゲームのイベント自体が初めてだったので

展示閲覧→試遊!→買う

という流れが実際に一望して見れるのは面白いと思いました!

f:id:spookies_iz:20180508144446j:plain

ルールの修正作業をしつつ周りを見ていたのですが

次々と試遊台のテーブルに(主に黒の)テーブルクロスがかかり

一気にどこかの地下レストラン?のような状態に…

f:id:spookies_iz:20180528151105j:plain

いろんなブースの方がみなさん自慢のボードゲームの宣伝のポスターが上がり

(この時点ですでにIは説明の練習で精一杯でした)

あちこちで常連の出展者同士がワイワイと話していて会場の盛り上がりを直に感じました。

f:id:spookies_iz:20180528152147j:plain

そして、開場するとなだれ込む人、人、人

ブースにすごい数の人が急ぎ足でやってきて風のように買って去っていく。

中身の説明は…とか言える勢いではなくとにかく会計を…!! おそらく彼らは説明はいらないのでしょう!

と、やっていたら最初は会計がもたもたしてしまったのですが徐々に効率的に…

としている間にも人垣の向こうでは試遊台で何人かがヘクスタの説明を受けている…

人垣で目の前の試遊台の様子も見れませんが。

開場30分する頃には人もある程度収まったのですが、その人が熱気を持って行き交う30分…

異様に長く感じました…

段々と客層が「絶対買ってやる」じゃなくて「歩きながら良さそうなものを探す」層へと移行しているのが分かります。(徐々に動きが遅く…)

足を止めてくださったありがとうございます!

必死な説明に興味を持ってくださる方が多く助かりました!

(うまく伝わらず試遊台へ案内が多かった事は反省です…!

f:id:spookies_iz:20180508144502j:plain

今回一番良かったのはヘクスタが二人用から対応なので少人数で来られた場合でも試遊ブースで説明しきれたことです。

4人用ゲームだとどうしても4人集まらないと試遊しながらの説明もできないというのが辛いところです。

お隣の試遊台もそれで苦労しておられました。

昼頃になると徐々に

試遊台で足を止める→説明を聞くor試遊する→会計に来ていただく

という流れが出来てきて、昼頃には試遊台は常に誰かしら試遊している状態でした!

本当にありがとうございます!

f:id:spookies_iz:20180528151914j:plain

昼ごはんの合間をぬって、他のブースを見回っていたのですが

企業で商品化しているボードゲームやなにやら周りが囲われた試遊台(?)や

トークショーのような催し物があり、

ボードゲームに関するアイテムや素材などを自作している方もおられ

新作ボードゲームを頒布するだけでなくボードゲームファンの一大イベントという面を強く感じました。

今回のゲームマーケットについて

調べていると企業寄りのしっかりとしたデザインが多いとのことでしたが、

昔は袋に入れただけの低価格だけどやってみると面白いようなボードゲームも多かったそうで

そのようなボードゲームを見かけることはありませんでしたが、

興味があるのでぜひそのような気軽に買えて気軽に遊べるようなゲームも見てみたかったです。

shop.spookies.co.jp

弊社新作ボードゲーム「HEXTA ヘクスタ」は現在上記公式サイトにて通信販売中です。

お金が足りなくて、時間が足りなくて、、ツイッターで見ていたら買いたくなった方など

人数も柔軟に対応できて(二人で遊べるんですよ!)そこそこ短時間で遊べる

「HEXTA ヘクスタ」を

ぜひよろしくお願いいたします!

HEXTA 制作秘話

f:id:spookies-terashi:20180524161214j:plain ↑ゲームマーケット2018春に発表した HEXTA

どうも、寺師 f:id:spookies-terashi:20170811002007p:plain:w30 です。

振り返ってみるととても反省点が多かったボードゲームマーケット2018春...!! 反省点をつらつらとのべつ幕なしに並べ立てたいところですが、HEXTAの制作秘話的なものを書いて!と広報担当から強く念押しされております。

というわけで今日は HEXTA 制作秘話を書こうと思います!

あ、やっぱり振り返りもちょこっとだけします。

HEXTA 制作に際する振り返り

ルールやゲームバランスの調整やデザインの作成・調整ですね

  1. 関わったメンバーが多い分、まとめ上げの時間がかかった...!
  2. 印刷所はやはり個数作らないと単価コストが高い...!
  3. 動き出しが遅く、ただただスケジュールがきつかった。
    • デザイナーさんにも印刷所さんにも迷惑をかけた。

HEXTA ゲームとしての振り返り

みなさんの協力のおかげで、HEXTAはいいゲームになりました!
ありがとうございました!

気前よく、ルールの調整や説明書の推敲及び改善に付き合ってくれた人たちに感謝!

満足している点

  1. タイルを重ねるゲームが実現できた!
  2. 幾何学模様っぽい美しさが出せた!
  3. コンポーネントの質も良く、綺麗さが出せている!
  4. プレイしてて僕 f:id:spookies-terashi:20170811002007p:plain:w30 が勝てる!

気になる点

  1. マナの黒と緑と青が見分けつきにくい...
  2. やりこむと、ゲーム上で取れる戦略がそこまで多くなく感じる...?
  3. 層が少し見にくい...

基礎的なところは変えず、追加ルールを作っていけたらなと思います!

制作秘話

さて、ここからは制作秘話的なものを

ルールコンセプト

f:id:spookies-terashi:20170811002007p:plain:w30 は最後まで諦めずにできるゲームが大好きです。

子供の頃にスマブラをしていて、あまりにも勝てないので途中でステージの端へとダッシュし始める友人、いなかったでしょうか?
そうなってしまうと勝っても喜びは半減...
かといって毎度毎度接待プレーをして、楽しいでしょうか?

考えて考えて、移り変わる状況にもうまく立ち回り、勝つときはギリギリっぽく勝てる、そういうゲームを目指しています。
HEXTA も、そういうバランスにきっとなっている、と信じております。

世界観

タイル配置型なら、世界を創り上げるようなものだし、神を目指すゲームなら色々設定的にも自然じゃないか!?と思い、この設定になりました。

始祖の神 曰く  「我らはこれより、世界を創らん。覇権を勝ち取り、その地を治めよ。」 運あり!思考あり!逆転あり!? 美しき世界[ヘクスタ]の神となれ!

しかし!
印刷開始後に、2017年ゲムマ大賞を取っていた「8ビットモックアップ」と世界観丸かぶりしている・・・?という話になり、社内で物議を醸しました!

もちろんパクったわけではないですが、ちょっとだけ罪悪感(?)

gamemarket.jp

やったことないので、 8ビットモックアップ やってみたいです!(ゲムマで買いそびれた)

試作品

六角タイル60枚からなるHEXTAですが、六角形のものなんてそうそうない・・・
それでは試遊プレイどころかルールの完成すらできない・・・

身近にそうそうないですよね?六角タイル。普通は。


でもあったんです。
なぜなら、ボードゲーマーだから!

そう、ボードゲーマーなら誰でも身近にあるカタンのコンポーネントです。
実は試作品はカタンコンポーネントを4セット使ってルールの調整とかしていました!

カタンコンポーネント

f:id:spookies-terashi:20180524160703j:plain

現状

f:id:spookies-terashi:20180524161210j:plain

そろそろカタンが遊びたいので剥がしたいです! 誰か手伝って!!!

まとめ

というところで、スプーキーズとしては第三作目となる HEXTA でした!
ぜひお手にとってご覧ください!

ありがとうござました!!!

shop.spookies.co.jp

【一人旅】IT先進国に突撃

こんにちわ。

よく1人で旅に出かけては何かを失ってくる本田です。

前回の記事で英語を身に着けた人のために、
今回は僕が行った国でとっても魅力的(ITエンジニア目線)だった国について紹介します!

今回紹介するのは、水の都 "シンガポール" です。

f:id:spookies_honda:20180522110616j:plain

シンガポールといえば、マーライオンやマリーナ・ベイ・サンズ(ビルの上に船がちょん)が有名ですが、実はIT先進国としてかなり情報技術が発展しています。

例えば、

f:id:spookies_honda:20180522105215j:plain

これはトイレ内の写真です。

壁にタブレットが付いており、画面左上には清掃員さんの写真…

そう、トイレ内の清潔さを評価することができます!

清掃員さんにとっては褒めてもらうことがモチベーションアップに繋がりますし、利用者も感謝を簡単に伝えられます。

僕がシンガポールに行って一番感動したシステムです!!

f:id:spookies_honda:20180522110633j:plain
空港内の植物ゾーンにも同じシステムが!


他にも、有名なシステムとして「ERP」があります。

ERPというのは、日本におけるETCの通常道路版です。

渋滞を解消するために、渋滞しやすい道路を走るにはお金が必要となります。

f:id:spookies_honda:20180522110238j:plain
ERP(写真:wikipedia

日本のETC同様、こんな感じのゲートを通るさいにお金が徴収されます。


挙げだすときりがないので、最後に地下鉄(MRT)を紹介します。

なんとシンガポールの地下鉄は全てタッチです!

日本でいう切符に対して、お金をチャージして使います。 (シンガポールの切符も使い捨ては使い捨てなのですが、1回きりの使い捨てではなくて、数回使用できます)

f:id:spookies_honda:20180522110650j:plain
カード決済OK。物理ボタンもなくてクール!


ここまで紹介してきたシステムはほんの一部だけです!

秋葉原がひとつのビルに収まったような場所だってあります。
wi-fiも街中飛んでます。

他にも、カジノ、世界一の空港(チャンギ空港)などなど、シンガポールはIT以外にも魅力がいっぱいの場所です。

みなさんもぜひ一度、シンガポールに行ってIT先進国がいかなるものか感じてみてはいかがでしょうか!

(今回の旅では、いろんなITサービスを利用するために、散財。お金を失いました。)

f:id:spookies_honda:20180522110254j:plain
夜景でさようなら

【次回予告】本田、ヨーロッパに行く。