読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプーキーズの中の人。

スプーキーズの中の人が徒然なるままに、垂れ流します。

自社サービスのつくり方

はじめまして、クサカリケイです。

突然ですが、株式会社スプーキーズの設立は2006年9月21日です。

会社ができてからもう一年がたとうとしていますが、まだ自分の手ではサービスをリリースできていません。

僕は今、今年の頭くらいから開発スタートした、ガチャスポというサービスを開発しています。

このサービスはかなりわがままを言わせてもらって、一度社内で機能の選定を行ったところから、

あえて一度白紙に戻した上で、自分の好きなようにやらせてもらっています。

もちろん最終的にはより良いものにするためにより多くの人の意見を聞くというのは重要だと思うのですが、

他の人の意見に惑わされることなく、一度自分の理想の形までもっていくことが重要だと思ったからです。

実はこの考え方には少なからず不安ももっていたのですが、

先日の小野和俊さんのブログの、はてなの伊藤直也さんの講演が紹介されている記事※で、

はてなでは、開発者が自分で企画してつくるようにしている。一人でつくって、途中から二人くらいで手伝う。例えばオンラインでブックマークができたら楽しそうだというのを言葉で話しても、そんなサービスを使いたい人がいるのか、といったような批判的なコメントしか返ってこない。だからまず一人でつくってみて、ものを見せる。最初から三人くらいで考えると、変わったところのない普通のサービスになってしまう。アイデアを考えた人が、どれだけ妄想できるかにかかっている。新しいことの正しさは、あなたにしかわからない。だから、一人でつくることが大切。

という部分があり、こういう考え方もアリなんだな、そしてはてなだって同じようなことを悩んでいるんだと思い、正直少し安心しました(笑)

※小野和俊のブログ:はてな伊藤直也氏MIJS講演「プログラマでいること」

http://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50183221.html

ガチャスポに関してはもう少しで公開できるようなところまで完成しつつありますが、

一番多くの人に喜んでもらえる形でなるべく早く公開できれば良いと思っています。

また、このブログの他にラボブログとして自社サービス開発などの

技術的なノウハウをオープンにしたいと思って準備しています。

そのため、このブログでの僕の記事としては技術的な話以外のネタを。

たまには笑えるネタも書いていきたいと思っています。