読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプーキーズの中の人。

スプーキーズの中の人が徒然なるままに、垂れ流します。

連れ添い続ける事こそ大事

日々変化のない生活を淡々とこなしている、昼下がりの専業主婦的なウップンを抱えた前川(男)です。個人活動の中でニュースになりそうな話は1〜2つあったりするのですが、まだ企画段階だったりするので、今回は最近あったちょっと儲けた話をしたいなと思います。 最近自宅のパソコンを使ってiTunesを開くと、

『あなたの今お使いのiPod nanoはバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となる iPod nano は 2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたものです』 のような警告文が出てきて、今なら無償でバッテリー交換を承っておりますとのこと。 私が使っていたiPod nano(白)は第一世代と呼ばれるもの。もう十年近く私に寄り添い、 生活に彩りを与えてくれた盟友であります。 f:id:maekawaspookies:20160930122213j:plain

電車内のアナウンスをかき消し、何回も駅を乗り過ごさせてくれた君。 使ってない時に何度も勝手に電源オンになり、いざ使おうとすると、 電池残量が虫の息になっている、おっちょこちょいな君。 いや、でも本当にずいぶんお世話になっていたのだなと、感慨深くなるところです。

『発送よりバッテリー交換から手元に帰ってくるまで、6週間いただきます』とのこと。 迷う理由は無いなと、了承し、手続きを済ませると、3日後くらいにクロネコヤマトが来て、しばしのお別れ。 あわよくば、バッテリー交換に踏まえて、ある程度黄ばんでいた外っ面も綺麗にしてくれたらなと、 老朽化によるボタンの無反応とかもあったのでそこらへんもちょっといじってくれたら嬉しいなと、 待っている間、浅ましい欲求が増大していく中で、彼は1週間ほで帰ってきました。

実はお前はどこかの国の王子様だったのか、こいつは人間の私よりも勝ち組なんでは? というくらいの、箱の中に箱、丁寧な包装に包まれて出てきたのは、、 f:id:maekawaspookies:20160930122230p:plain

あれ、君だれ?と。 タッチパネル式の見慣れない、ていうかデザインも一瞬、ソニーか、パナソニックじゃないかと思うような。 バッテリーの無償交換では?2〜3分困惑した後、パソコンにつないでみると、驚きの大容量16GB。 整形してインテリになってポルシェに乗って田舎の実家に帰ってきたツンツン頭の息子を迎え入れるときの、 『こいつ今何の仕事をしているんだ?』的な動揺を抑えながら、今一緒に暮らしてます。 16GB食える彼ですが、いきなり容量いっぱい詰め込んでお腹を壊してはいけないと、 5分の3程度だけ詰め込んでありがたく使わせていただいている、 今日この頃です。

第1世代=もともと貰い物。 新しい機種が出るたびに浮気心生まれたが、10年使い続けて無償機種交換。 まとめとしては時代に流されず自分の大事に使っているものをより大事に思えば、 その内いいことあるかもよ、ということで。