読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプーキーズの中の人。

スプーキーズの中の人が徒然なるままに、垂れ流します。

ニット帽を被りたくなる季節ですね

初めまして!

1ヶ月ほど前からアルバイトのエンジニアとしてスプーキーズで働いている土倉と申します!

あだ名はまだ無い。

寒くなってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。

f:id:s-tsuchikura:20161118174356j:plain

東京オフィスに向かう途中のヒカリエに飾ってありました。

きれいですねぇ。もうそんな季節だとは。


そんなわけで新しい東京オフィスに通うのも慣れてきました。

f:id:s-tsuchikura:20161118174440j:plainf:id:s-tsuchikura:20161118174534j:plain

実はオフィスに向かう道をさらにまっすぐ行くと原宿に通じておりまして、

ファッションモンスターだった高校時代の僕はよくこの道を通って服を買いに行っておりました。

f:id:s-tsuchikura:20161118182340j:plain

こちらは今僕がハマっているもの。

スプーキーズデザインのチロルチョコです。

甘いもの好きな僕は基本的にこれを食べながら作業しております。

コードに苦戦すればするほど、チロルチョコを食べる量が増える仕様になっております。ごめんなさい。


そんなわけで、素敵なメンバーと共にこれから頑張っていきたいと思います。

ちなみに、ファッションモンスターだったというのは嘘です。

ROBOCRAFT

初めまして、今年の夏頃からスプーキーズにアルバイトとして参加している伊原です。

今日は地味にはまっているゲームについて紹介しようと思います。
それは「ROBOCRAFT」です。

f:id:iharakun:20161116162356p:plain

どことなく大人気サンドボックスゲームを思わせる名前ですね。
このゲームはキャッチコピー「BUILD DRIVE FIGHT」のとおり、ブロックを組み合わせたロボで他のプレイヤーと対戦するTPSです。タイヤやキャタピラでDRIVEはもちろん、二脚でRUN、羽やローターブレードでFLIGHTもできますよ。なお現在の仕様ではタイヤやや弱い……

f:id:iharakun:20161116162518p:plain f:id:iharakun:20161116162854p:plain

これは先月のHalloween Artbot Contestで入賞したロボットたちです。
武器や動力といった機能性パーツを、シャーシとなるブロックで結合保護する形でロボットをつくります。
豊富な武器/移動パーツの組み合わせに加え、ブロックによる造形で自分だけのロボットを作れる楽しさはもちろんのこと、パーツやブロックはダメージに応じて破壊され、分断されるとHP最大の塊以外は消失するので造形や設計に意味があり面白いです。
造形に凝るのにもネタとガチの両方があるのがいい感じだと思います。

ぜひやってみてください。

ROBOCRAFT | BUILD DRIVE FIGHT
公式サイト
画像は公式サイトから引用しました

スプーキーズ東京~渋谷神宮前

持ち込み専用の喫茶スペースを渋谷神宮前に!

f:id:rhymester19:20161107130628j:plain

という訳で、スプーキーズ東京オフィスを移転しました!

f:id:rhymester19:20161107130048j:plain

閑静な桜ヶ丘から、少し渋谷っぽい神宮前に。

f:id:rhymester19:20161105100231j:plain

京都オフィスと同様に、京都装研さんに内装をお願いしました。

f:id:rhymester19:20161105135114j:plain

そして、弊社も利用しているBacklogを提供しているヌーラボさんの跡地です!

f:id:rhymester19:20161105111655j:plain

京都はドリコムさん、東京はヌーラボさんの跡地で、出世にあやかる所存です!

f:id:rhymester19:20161105134943j:plain

是非、気軽に遊びに寄って下さい!持ち込みで!

f:id:rhymester19:20161105135159j:plain

Happy Helloween !!

どうも、もう収穫の秋も終わりで、寒い冬がやってきますね。

世俗から離れて悟りを開いている私西塚にはほぼ無縁なのですが、オフィスが渋谷にあるのでその賑わいを一瞬感じて新幹線に乗りました🎃

イベント増えていくのは、個人的には良いことだと思っています👻

まだまだ仕事してますが、、、

おっ、そろそろαができたようですので、またのちほど。

f:id:rhymester19:20161031233238p:plain

秋の2泊3日・白馬岳

秋ですね。

こんにちは、すっかり涼しくなってきましたね。


社内では、既にダウンとセーターを着込むものも現れ始めています。

室温27℃の世界にようこそ。

快適極まりないんですけどね。寒がりも大変です。

冷暖房の温度調節戦争は今日も穏やかに続きます。


さて、

秋の訪れを感じる今日このごろですが、紅葉の時期にはまだ少し早いですよね。

とはいえ、いち早く紅葉を楽しみたい!というせっかちな想いを抑えきれず、行ってきました秋の北アルプス。

長野と富山にまたがる後立山連峰・白馬岳、2,932mの登山行です。

ハイキング感覚で変わりゆく山道とダイナミックな景色を楽しむことができるその魅力を、写真をメインに紹介しておきます!

少しでも興味を持ってもらえれば幸いです。

f:id:spookies-takano:20161021125003j:plain (青空の下、白馬岳を目指す)


白馬岳

白馬岳?北アルプス??後立山連峰???

こちら↓です。

今回の登山、そもそもは誘われたのがきっかけですが、体力ある人ない人、経験ある人ない人、いろいろな5人パーティーで行ける山で、なおかつ紅葉の楽しめそうな場所ということでチョイスしました。

加えて、山小屋が整っているということと、タイムスケジュール的にも余裕があったということで、ゆったりめの登山ができそうでした。


ルート

できることなら、猿倉から白馬大雪渓を通ってぐるっと廻って来たかったのですが、今年は残雪が少ないため無念の通行止め!

www.pref.nagano.lg.jp

栂池山荘〜白馬岳のピストンになりました。

ルートコースとルートタイム

こんな感じ。

f:id:spookies-takano:20161020110108j:plain (「山と高原地図」より)

事前のタイムスケジュール

こんな感じ。

1日目

  • 06:55 のぞみ206号京都発
  • 08:00 しなの3号名古屋発
  • 10:27 あずさ3号松本発
  • 11:28 白馬着
  • 11:35 アルピコ白馬発
  • 12:03 栂池高原着
  • 13:00 ゴンドラ乗車
  • 13:30 栂池山荘到着⇛栂池自然園散策へ

2日目

  • 07:00 行動開始(ゆったりめ)
  • 10:30 白馬大池プチ散策小休止
  • 11:00 行動再開
  • 13:15 小蓮華山登頂
  • 15:00 白馬山荘到着

3日目

  • 06:00 行動開始
  • 09:00 白馬大池
  • 11:30 栂池平
  • 12:00 ゴンドラ乗車
  • 12:30 栂の湯にて入浴・散策
  • 14:15 アクセス信州特急
  • 15:55 長野駅着・食事
  • 17:00 しなの22号長野駅発
  • 20:19 ひかり527名古屋発

ダイジェスト

栂池山荘

f:id:spookies-takano:20161021130351j:plain (その日の夕食。)

初日はここで! 普通の山小屋と思っていたら、

  • お風呂あり!(シャワー&シャンプー&湯船あり)
  • 館内きれい!
  • 食事美味しい!

普段の山小屋と違いすぎて、普通に旅行に来てる感覚になります。

ここで泊まって、自然園の散策と少し登山道登ってみるという方も多そうでした。

普通に小さなホテルやペンションのようですね。

http://www.tsugaikesansou.jp/

(栂池山荘HP。詳しくはこちら。)

とはいえ、標高1,860m。まだまだこれからです。

紅葉

実は、見頃のピークは過ぎてしまっていました。(悲)

9月下旬から10月上旬にかけてが見頃のようですが、1週間過ぎるともう秋の終わりを感じさせますね。

とはいえ、秋の澄んだ空気と黄色の風景は好きです。

f:id:spookies-takano:20161021124052j:plain (栂池高原〜栂池自然園のロープウェイ途中より)

f:id:spookies-takano:20161019233519j:plain (黄色の色づきが見られるものの、落葉も目立ちます)

f:id:spookies-takano:20161021124033j:plain (天狗原にて)

白馬村の紅葉

(リンク先、白馬村HP。「白馬の三段紅葉」見てみたいですねー。)

そして、秋の山の見どころは、紅葉だけではありません。

雲海

見渡す限りの!!!(!!!!)

秋は雲海を見るのに一番適した時期というのはよく聞かれる話です。

最近だと、竹田城の雲海も有名ですね。

しかししかし、それ以上のスケール感をもってお届けする雲の海が、白馬岳にはあります!

f:id:spookies-takano:20161021131614j:plain

f:id:spookies-takano:20161021132745j:plain

白馬岳に限らず、3000m峰の山々ではとてもきれいな雲海が見られます。

朝焼けや夕焼けとセットで見ると、ヤミツキになること間違い無しです。

是非連休はアルプスへお出かけ下さい。

ちなみに、本当に日本海も見えました。

白馬大池

道中には、標高2,379mの地点ながら、雪解け水を蓄える巨大な池が。 冬って、凍るんですかね!? 澄んでいて、空の青さが映ってきれいでした。

f:id:spookies-takano:20161019223101j:plain (白馬大池と右手に望む白馬岳)

f:id:spookies-takano:20161021133232j:plain (隣に構える白馬大池山荘。奥では、キャンパーたちがテントで野営していて楽しそうでした!)

白馬岳

さーて、14時半過ぎに登頂です!2,932m!

3,000mまでもうちょい!

f:id:spookies-takano:20161021133710j:plain

ちなみに、上の写真は1回目の登頂。

1回目・・・?

そのあと、15時には白馬山荘に身を移し、冷えた身体を暖めました。

f:id:spookies-takano:20161021134256j:plain

(ストーブ最高。寒くてダウン着っぱなしです。)

そして、

美味しくボリューミーで品数豊富なビュッフェ形式(!)の夕食をいただく、

その前に!

f:id:spookies-takano:20161021135401j:plain

f:id:spookies-takano:20161021135441j:plain

日の入りを拝むために、再登頂!(2回目)

世界が昼から夜に変わりゆくこの瞬間!相変わらず良いですね!


そしてそして、

美味しくボリューミーで品数豊富なビュッフェ形式(!)の朝食をいただく、

その前に!

f:id:spookies-takano:20161021135855j:plain

日の出を拝むために、再登頂!(3回目)

世界が夜から朝に変わりゆくこのsy


ピストンルートなので、帰り際にも登頂しましたとさ。(4回目)

f:id:spookies-takano:20161021140212j:plain

振り返って

山ってピークに登って終わりじゃないんですよね。

山脈であれば、どこまでも連なっていくつものピークを迎えることができます。

それと同時に、様々な景色が出迎えてくれて飽きさせてくれません。

今回は、秋の白馬岳でしたが、また春や夏、冬でも違った姿を楽しむことができます。

それが、一緒にいくメンバーや天気、体調、そのときの気分によっても感じ方が違うということで、一度たりとも同じ登山はないなとは思っています。

別にアルピニストみたいなストイックさや技術はないですが、山の魅力を説明してくれって言われることも多いですが、

まあ、とりあえず今度一緒に行こうよ、ということでどうぞよろしく。

来年は、鹿島槍から白馬の縦走になりそう!?

f:id:spookies-takano:20161021141101j:plain (辿り着かない道はない。遠いようで歩いていけばいずれ着くと信じて。)

余談

9/9,10の閉山前に富士山にも登ったのですが、一緒に行った「いまもん」から帰還報告がありません。

いつになったら帰ってくるのでしょうか。

blog.spookies.co.jp

富士山は、自身2回目の登頂でしたが、天候に恵まれ星空と日の出を存分に楽しめました。

その様子はきっと彼が。(チラッ)

インド体験記

こんにちわ。若林です。

約一ヶ月半、インドへ留学してきました。

感想を書きます。

自販機とコンビニ、安全なレストランに感動することは一生ないかもしれません。

8月上旬にインドへ出国しました。

大阪→東京→ムンバイ→プネ

ややトラブルはありつつも、無事宿に着けました。

トイレを見た時は、ぞっとしました。

綺麗なんですが、トイレットペーパーがなかったので、、

唯一受け入れれることができなかった文化です^^;

f:id:spookies_wakabayashi:20161017110234j:plain

↑ムンバイ空港です。

初めはしんどかったです。

歯を磨く時もミネラルウォーターを使ったり、道路が渡れなかったりを苦労しました。

毎朝、片道3車線の道路を横断しなければならなかったのです。

信号はないので、タイミングを見て渡ります。

歩調を変えるとぶつかってしまいます。

f:id:spookies_wakabayashi:20161016234831j:plain

なんだかんだ、一週間後にはみんなインドを楽しんでました。

洗濯干す場所を創作したり、ほぼ出ないシャワーをどう使うかを考えたり楽しかったです。

最終的に、水道水や露店の食べ物も少し食べれるようになりました。

f:id:spookies_wakabayashi:20161017001708j:plain

帰る頃にはインドがすごく好きになりました。

捨てて帰ろうと思って買った現地の安物のコップも持って来ました。

泊まっていた部屋も愛着が湧いて、記念撮影しました笑

f:id:spookies_wakabayashi:20161017000528j:plain

ぜひ、インドに興味のある人もない人も行ってみてください!!GREATFUL INDIA!!

f:id:spookies_wakabayashi:20161017001632j:plain

ハッカソンに出た

f:id:sancha-san:20161014194410p:plain

個人的にコンペ形式のハッカソンに参加する機会があったので雑感。 業務とはあんまり関係ない話ですが。

賞がもらえたので嬉しかった

僕が参加したのは、コンペ形式のハッカソンで、優勝者には賞金が出るというものでした。

僕らのチームがもらったのは、賞金のつかない、いわば努力賞みたいなものだったし、また、参加チームの半分は何かしらの形で賞をもらえてたので、大喜びするほどのことはないのかもしれないですが、「プログラミングできます!!!」といって参加してきてる大学生(高校生もいた)の中で、平均よりはデキるやつだ、という評価をいただいたということで、それなりに喜んでいます。

すごい高校生すごい

すごい高校生はすごかったです。そもそも大学生限定と銘打っているハッカソンなのに参加してきてる時点ですごいという気がしますが、出来上がったものもすごかったです。ReactとかNodeとか使って、イマドキのWeb開発って感じのことをやってて、デザインもカッコよくて、今すぐ使えそうなぐらい完成度も高くて、「高校生が作った」ということを抜きにして、純粋にすごいなー使ってみたいなー、と思いました。 そう思ったのは、審査員の人も同じだったみたいで、2チーム出ていた高校生チームのうち、片方は優勝し、もう片方も努力賞(?)をもらっていました。

その高校生の中には、「フリーランスでお仕事してます」とか言ってる人もいて、世の中は広いと思いました。

時間が短すぎると思った

始まりから終わりまでの時間が短すぎると思いました。 そのことの弊害は二つぐらいあると思って、一つは単純に徹夜が必須なので肉体的にきついということで、もう一つは、技術的な学びを得る余裕がないということです。

特に後者に関して、非常に限られた時間の中でプロダクトを完成まで持っていくためには、自分が普段から使い込んでいるサービスなりフレームワークなり言語なりを使わざるを得ないわけで、「興味はあるが使ったことがない技術」に手を出したいと思っても、(コンペ形式の)ハッカソン中にはほぼ不可能です。そういった意味で、ハッカソンから技術的な学びを得ることは難しいと思いました。逆にいうと、ハッカソンは、「普段からどれだけ技術に触れているか」を確かめる競技である、ということなのだと思います。そこはちょっと勘違いしていました。

まとめ

思ったよりキラキラした感じで、技術者というよりは起業家とかを目指す人が来てんのかなって感じで、思ってたのとちょっと違ってました。 もう少し年齢層が高いハッカソンとか、コンペ形式でないハッカソンとかだと、もっと技術よりな活動が楽しめるのかもしれないですね。

そこそこ楽しかったので、同じようなイベントにまた出てみてもいいかなと思ったけど、やっぱり徹夜がきついので足踏みしている今日この頃です。